第2回
​光海底ネットワークシンポジウム

Optical Submarine Networks Symposium

お陰様で大勢の視聴者が参加していただき、充実したシンポジウムを開催することが出来ました。誠にありがとうございました。

tsurugi-12.png

日時:2021年10月8日(金)12:30 受付開始

            12:45~18:00  講演会(懇親会は中止となりました)

会場:Zoomウェビナーによるオンライン開催

   事務局 早稲田大学  西早稲田キャンパス 63号館 ​             

主催:OSN研究会

後援:SubOptic Foundation

   ツルギフォトニクス財団

協賛:電子情報通信学会

   「光通信システム研究専門委員会」

   「光通信インフラの飛躍的な高度化に関する特別研究専門委員会」

   IEEE Photonics Society Tokyo Section Chapter

   早稲田大学「低消費電力光インターコネクション研究所」

suboptic.jpg
 第2回「光海底ネットワークシンポジウム」開催にあたって
 最初の光ファイバ海底ケーブルが太平洋を横断してから30年になります。この間に光ファイバ通信技術は目覚ましい技術革新をとげ、インターネットのグローバル化に大きく貢献しています。
 2019年に第1回「光海底ネットワークシンポジウム」を開催、続けて開催のご要望がありましたが、2020年は新型コロナの影響で延期し、本年第2回シンポジウムを開催することと致しました。
 第2回シンポジウムは、世界の光海底ケーブルプロジェクトを牽引しているGoogle社から世界戦略を伺うこととしており、素晴らしいご講演が聞けると思います。
 シンポジウムの開催にあたり海底ケーブル業界、大学、通信会社、メーカー、ケーブルシップ会社の関係者の皆さまから多大なご支援、ご協力を頂き心より感謝申し上げます。今後も引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
​OSN研究会
​ 共同代表
sinno.jpg
160215_akiba_w100.jpg

​新納康彦     秋葉重幸

第2回シンポジウムへJack Sipress博士からの祝辞

Jack_M._Sipress_2525.jpg

To my Japanese Partners in the introduction of lightwave technology to connect the continents

 

Congratulations on the success of the first Optical Submarine Networks Symposium !

I wish the second symposium great success in its efforts to support the submarine cable industry.

Best Regards,

                                                          Dr. Jack M. Sipress

                                                           Retired Director Bell Laboratories  

                                                           Undersea Systems Laboratory and

                                                           Chief Technical Officer AT&T 

                                                           Submarine Systems

                                        https://en.wikipedia.org/wiki/Jack_M._Sipress

大陸間を結ぶ光通信技術の開発を一緒に進めた日本の友人の皆さんへ
 
第1回「光海底ネットワークシンポジウム」の成功おめでとう!
第2回「シンポジウム」が海底ケーブル業界の発展に大きく貢献する
ことを祈ります
                 ジャック サイプレス博士
              元ベル研究所 海底システム研究所所長
              元AT&T海底システム 技師長